Copyright (C) 2015 BHY-biography. All Rights Reserved.

Hello,NY

15年ぶりにニューヨークに行ってきました!

まず驚いた事は、15前では考えられないほど治安がとても良くなっこと。

 

また,9.11の悪夢から脱却して、人々はいきいきしいて景気も回復してるように思えました。

市長がジュリアーニ氏になって以降劇的に変化した気がします。

 

NYのファッション事情

ところでNYファッションの傾向は、土地柄さぞかし日本以上にダウンを着てる方多いと思い気やハズレ(W!)

特にファッショニストの間では脱ダウンの傾向が目立ちました(日本同様にアウターのダウンに変わってインナーのダウンを着ている人が多い)

 

まず色に関しては、世界的にネイビーアンドブルーが続いていたせいかまたシ−ズン的にもブラックアンドホワイトがとても多い!NYの基本カラーのネイビーも深い色が目立ちます。全体的にはダークトーン差し色がほとんどない!

(しいて言うなら、マゼンタ、日本のボルドー、バーガンディとは若干異なり派手目)

 

アイテムは何と言ってもミリタリーコート!

 

それも従来のオリーブ、カーキでなくBLACK!もしくは深いネイビー。

 

それをワントーンコーディネイトでまとめインナーや足元に白を効かせるといったシンプルなスタイルが目立ちます。一言でいうなら『ミリタリーシック』!

 

今回、展示会を回って個人的に感じた事ですが NYメンズは弱いながら根底に70Sテイストが流れていると思います。

 

70S、ベトナム反戦からミリタリーをワークウエア、スポーツ、ヒッピーテイストでくずして着るのが大きなトレンドでしたが 2015はミリタリーウエアを戦争目的ではなくをシックに着こなそうと言うメッセージ込められているように思いました。

 

ミ リタリーコートは、ピーコート、アルスターコート、マッキノウコートなどダブルブレストのものが多い!着方はジャストORワンサイズ上を着て尚かつ開いて 着てわざとインナーのダウンをのぞかせる。当然シルエットはソフトなAラインなりますが、それに恐ろしく裾が細いボトム合わせる(W)

 

と言っても以前の様なスキニーではなく、腿周り多少ゆとりがあり股上も気持ち深め、膝から下が絞られていておそらく裾巾が14CM〜16CM!

 

ニューヨーカーは足が長いのでとてもかっこいい!、、が、、日本人がマネするなら裾巾17CMがくらいが良いと思います(W)

 

LADYS に関したは、バギーパンツにソールの高いサンダル、ツバの広いハット(日本以上に広い)やチューリップハット、ボヘミアン、ヒッピーテイストと70Sテイ ストがより目立ちました!ただ当時のまんまではなく別時代とのシルエットのクロスオーバーがあり、あくまでも2015風!

 

なんといっても当時のダーティなイメージではなく、クリーンで上品なイメージ!

どことなく70Sサンローランを彷彿させると個人的に思いました。

 

 

最 後にLOOKBOOKの撮影でNYのサーファーと仕事ができる機会があり、彼らのスタイルを見て感じたのことですがとてもスタイリッシュです!、、、明ら かに西とは良い意味で違う!基本的に私は西海岸のファッションが好きです。ただ今回思ったのは東京のロケーションは西海岸よりいろんな意味でNYに近い!

 

ひょっとして東京のサーフスタイルはNYのサーフスタイルを見習うべきではないのかと、、、。

 

 

 

Please reload

特集記事

Hello,NY

5/2/2013

1/2
Please reload

最新記事

5/2/2013

Please reload

ソーシャル